WaSabi-News #134

ジャパン・ハウス5月にサンパウロでオープン
ジャパンハウス・サンパウロは5月6日にオープン予定。7日に行われる記念コンサートでは、坂本龍一、三宅純も登場。「世界を豊かにする日本」を発信することをコンセプトとした新たな発信拠点で、ロンドン,サンパウロ,ロサンゼルスに設置が予定されているが、サンパウロはその第一号。

「BOIBUMBA」パリンチンス・フォルクローレ祭
6月30日、7月1日、2日(2017年)にアマゾンのパリンチンスで行われる「BOIBUMBA」。「ボイ」とは牛の意味で、先住民をテーマに山車と衣装、踊りと歌で2つのチームが競い合う、いわゆるアマゾンのカーニバル。街中が青色のカプリチョーゾと、赤色のガランティードに分かれて3日間お祭り騒ぎ。街は赤と青に別れるため、例えば空港は2色をうまくつかってどちら側も応援するスタイルをとっている。青色のコカコーラが登場するのもこの街だけ。高拓生が移住した村がそばにあり、ジュートで有名になった日本人が在住したこの小さな島が、世界中の観光客をうけいれる、アマゾン最大の祭典だ。
記事:青色のコカコーラ 

アマゾンの巨大サークル
リオデジャネイロの考古学研究所により、ブラジル西部に位置するアクレ州で、巨大サークルが初めて発見されたのは、1977年のこと。米科学雑誌PANでの最近の発表によれば、森林伐採で大地が露出し、現在までにアクレ州、ホンドニア州、ボリビアにわたって合計500以上の巨大サークルが確認されている。

1000年以上前に先住民が宗教儀式の目的でつくったとされており、金属製の道具がなかった当時、木の道具を使用して作られ、また年密な数学的計算がもちいられたという。大きさは100〜300メートルの幅。

森林伐採によりむき出しになった土地で確認されているが、木に覆われている地域でもまだ多くの未確認サークルがあるという。このようなサークルはポルトガル、イギリス、スペインでも確認されているが、それぞれの関係性はない。多くのサークルが農園や牧場内に一しており、保存が危ぶまれている。