WaSabi-News #124

リオ五輪:入場チケット料金と申し込み方法について
リオ五輪組織委員会は16日、750万枚の入場チケットの料金を発表した。半分以上の380万枚は70レアル以下で販売する。もっとも安い入場チケットは40レアル。もっとも高いのは、開幕式の特等席の4600レアル。入場チケットの料金表は、開幕式・閉会式を含む、28競技717イベントを網羅し、以下のサイトに掲載される(http://www.rio2016.com/en/get-involved/spectators)。入場チケットの販売に関する詳細は、競技日程とあわせて11月に発表される。観戦希望者はシステムに登録し、観覧希望のスポーツを選ぶことが可能となる。
 
来年3月〜5月の期間、観戦希望者は入場チケットの申し込みが可能となり、第1回抽選が6月に行われる。第1回抽選に外れた希望者は、7月に再登録を行う。抽選結果は9月に発表される。2015年の10月からは、抽選で余った入場チケットが直接購入できるようになる。ブラジル五輪委員会は、12月までブラジル国内のみで販売することができる。他国では各国の五輪委員会が販売する。2016年1月からは、ブラジル五輪委員会はブラジル以外のどの地域でも販売することが可能となる。ブラジル国民向けに何枚の入場チケットが押さえられているか、組織委員会は明らかにしておらず、11月に発表される。2016年5月に入場チケットは配布され、6月から観戦希望者の受け取りが可能となる。
 

男性サッカー予選のチケット料金は、席によって50レアル〜100レアルのあいだで販売される。準々決勝の料金は、70レアル〜200レアル。準決勝は、240レアル〜600レアル。決勝は、380レアル〜900レアル。試合は、ベロオリゾンテ、ブラジリア、リオデジャネイロ、サルヴァドール、サンパウロで行われる。ビーチバレー、バレー、バスケットのチケット料金は高額となっており、席によって350レアル〜1200レアルとなっている。低額は重量挙げ、レスリングの40レアル。開幕式のチケット料金は、席によって200レアル〜4600レアル、閉会式は200レアル〜3000レアル。どちらもマラカナンスタジアムで行われる。