WaSabi-News #117

Rock in Rio 2013

今年も“ロック・イン・リオ”の季節

9月13/14/15/19/20/21/22日

会場@シダーヂ・ド・ロック(バッハ地区リオセントロ前)

 

海外からはビヨンセ、リヴィング・カラー、ミューズ、ジャスティン・ティンバーレイク、アリシア・キーズ、メタリカ、ボンジョビ、ベン・ハーパー、ジョン・メイヤー、ブルース・スプリングスティーン、アイアン・メイデン等が出演。60万枚のチケットはすでに完売。

http://rockinrio.com/rio/

 

世界柔道選手権2013リオデジャネイロ大会

8月26日〜9月1日

会場@マラカナンジーニョ(マラカナン・スタジアム横)

 

無差別をのぞいた男女7階級の個人戦と男女の団体戦が行われる。

 

26日 男子60kg級、女子48kg級
27日 男子66kg級、女子52kg級
28日 男子73kg級、女子57kg級
29日 男子81kg級、女子63kg級
30日 男子90kg級、女子70kg級、78kg級
31日 男子100kg級、100kg超級、女子78kg超級
  1日 男子団体戦、女子団体戦

 

日本代表は以下の男女計18名。

 

【男子】▽60キロ級 高藤直寿(19=東海大)▽66キロ級 福岡政章(28=ALSOK)海老沼匡(23=パーク24)▽73キロ級 中矢力 (23=ALSOK)大野将平(21=天理大)▽81キロ級 長島啓太(24=日本中央競馬会)▽90キロ級 西山将士(27=新日鉄住金)▽100キロ 級 小野卓志(32=了徳寺学園職)▽100キロ超級 七戸龍(24=九州電力)

【女子】▽48キロ級 浅見八瑠奈(25=コマツ)▽52キロ級 橋本優貴(24=コマツ)▽57キロ級 山本杏(18=国士舘大)▽63キロ級  阿部香菜(25=三井住友海上)田中美衣(25=了徳寺学園職)▽70キロ級 田知本遥(ALSOK)▽78キロ級 佐藤瑠香(21=コマツ)緒方亜香里(22=了徳寺学園職)▽78キロ超級 田知本愛(24=ALSOK)

 


 8月26日から9月1日までの7日間、リオデジャネイロで世界柔道選手権が開催された。会場はサッカーの殿堂マラカナン・スタジアムに隣接するマラカナンジーニョ(ちっちゃなマラカナンの意)。今大会は3年後に控えたオリンピック・リオ大会への前哨戦という位置づけで、ブラジルの代表選手たちもかなり気合いが入っていた。

 

結果からいうと、ブラジル代表女子が個人でメダル5個を獲得し大躍進、女子団体でも(決勝で日本に敗れたものの)見事銀メダルを獲得した。女子とは対照的に、男子はメダル1個のみという期待はずれの成績に終わった。男女あわせて計7個のメダル数は、国別で日本、フランス、キューバに次ぐ堂々の第4位で、ブラジルが柔道大国に成長したことを内外に強く印象づけた。

 

 今回の世界柔道では一人のヒロインが誕生した。軽量級(57kg以下)に出場した21歳のハファエラ・シルヴァ選手で、ブラジル代表女子に同選手権初となる金メダルをもたらした。ハファエラ選手は昨年のロンドン・オリンピックで審判の反則判定による無念の失格を経験し、さらにネット上で人種差別コメントを受けてきただけに、一本で優勝を決めた瞬間に天を仰いで号泣。

 

「サルは檻に入ってろと私に言った人を黙らせてやったわ。スポーツに肌の色は関係ない」。

 

 また、ハファエラ選手がファヴェーラ(スラム)育ちであることもメディアの関心を呼んでいる。フェルナンド・メイレリス監督による大ヒット映画「シティ・オブ・ゴッド(原題:シダーヂ・ヂ・デウス)」の舞台となったリオ市西部の同名ファヴェーラで小さい頃から育ったハファエラ選手は、もともとサッカーも上手だったが、8歳ではじめた柔道に将来の夢を託したという。

 

「シダーヂ・ヂ・デウス出身でも世界チャンピオンになれることを、貧しいコミュニティの子供たちに見せることができて本当にうれしい。お金持ちとか、立派な家に住んでいるとか、そんなことは関係ない」。

 

 また技術面では、ブラジル柔道連盟が選手強化のために招聘した日本人女性柔道家Yuko Fujii氏のサポートが大きかったという。ロンドン・オリンピックではイギリスの代表チームのコーチとして活動したYuko Fujii氏は、今年5月からリオでブラジル女子代表の指導についている。

 

月刊ラティーナ掲載)