WaSabi-News #80

★社会

マンゲイラに18個目のUPPが発足

エ スコーラ・ヂ・サンバ〈プリメイラ・エスタサォン・ヂ・・マンゲイラ〉の本拠地で知られるマンゲイラの丘に3日、18個目となる治安維持部隊(UPP)が 発足した。W杯ブラジル大会の決勝戦会場となるマラカナン・スタジアム一帯の治安回復を至上命題とした当局は、近隣のファヴェーラからの麻薬密売組織を一 掃したが、最後に残ったのがコマンド・ヴェルメーリョの牙城マンゲイラだった。地元の住民は今後の生活インフラの改善を期待している。今後の標的はいよい よブラジル最大のファヴェーラ:ホシーニャとなる見込み。

 

映像カメラマンが銃撃戦の取材中に死亡

バンデイラ局のジャーナリストで映像カメラマンのジェルソン・ドミンゲスが6日、リオ州サンタクルス市で起こった銃撃戦の取材中に胸を撃たれて死亡 した。防弾チョッキを着ていたにもかかわらず銃弾が貫通。リオでの抗争中に死亡したジャーナリストとしては初になる。サンタクルス市があるリオ州西部一帯 では、麻薬密売組織とミリシア(汚職警官による私軍)の縄張り争いが激化している。

 

★経済

キリン、ブラジルのビール市場に進出

キリンホールディングスは3日、飲料大手スキンカリオールの創業ファミリーが持つ発行済み株式の取得で合意した。キリンは今年8月に子会社化を発表したものの、少数株主が株式取得差し止めを求める仮処分申し立てを行っていた。今回の合意で完全子会社化が正式に決定したことになる。

 

日産、リオに新工場を建設

先月リオ州ヘゼンジ市に新工場を建設すると発表した日産自動車は、現在の1,7%から5%の市場シェアを目指す。2014年からマーチなど 小型車を中心に年間20万台の生産を予定しており、約2千人の新規雇用の応募はすでにスタート。カルロス・ゴーン社長は、将来は電気自動車の技術をブラジ ルに導入したいと意気込む。

 

携帯ゲームのグリー、2012年はブラジルへ進出予定

大手の任天堂が赤字を計上する一方で、携帯ゲームの勢いはブラジルにも及んでいる。携帯ゲームのグリー(GREE)がブラジル進出を視野に入れており、2012年にはサンパウロ・オフィスを構える予定。シンガポール、サンフランシスコ、ロンドン、アムステルダム……といった都市へ世界進出の足がかりを作る。

 

NEC、スマートグリッドの普及を目指す

デジタル・コントロールで電力の需要・供給を調整する「スマートグリッド」システムがブラジルにも導入されつつある。ポルトガルの電力会社 (EDP)はサンパウロ州アパレシーダ市で、日本のNECはペルナンブコ州レシフェ市で新規プロジェクトに取り組んでおり、新しい電力網の普及を目指して いる。

 

リオ+20

来年6月20〜22日へ日程変更の可能性

フランス・カンヌのG-20に参加していたジルマ・ルセフ大統領は4日、来年6月4〜6日にリオ開催が予定されている「国連持続可能な開発会議(Rio+20)」の日程を、同月20〜22日に変更したい旨を国連に伝えた。次回メキシコ開催のG-20は6月18〜19日なので、日程を近づけることで多くの各国首脳陣の参加が見込まれるため。アジア諸国からも日程変更の意見があがっていた。現在は国連が審議中。

 

★カルチャー

ジョアン・ジルベルト、80歳記念ツアーを"体調不良"で延期

80 歳記念の国内ツアーを予定していたジョアン・ジルベルトのプロダクションは、"体調不良"で公演を延期することを発表。今月5日に予定されていたツアー初 回のサンパウロ公演が延期された他、15日リオデジャネイロ公演、19日ブラジリア公演、25日ポルト・アレグレ公演もキャンセルになることが決まった。 ツアーは12月9日のサウヴァドール公演からスタートする見込みで、サンパウロ公演の新しいスケジュール(12月18日に変更)のみが発表済み。