WaSabi-News #78

★2014年W杯

W杯開幕戦はサンパウロに決定

FIFA(国際サッカー連盟)は20日、開幕戦から決勝戦までの試合スケジュールを発表。ブラジルの初戦となるW杯開幕戦はサンパウロのイタケラ・スタジアム、決勝戦はリオのマラカナン・スタジアムに正式決定した。準々決勝はフォルタレーザとサウヴァドール、準決勝はベロ・オリゾンチとサンパウロ。12開催都市のうち、リオとブラジリアで最多となる7試合が行われる。

●開幕戦@サンパウロ    2014年6月12日 17hs〜

●決勝戦@リオデジャネイロ 2014年7月13日 16hs〜

 

また、W杯のテスト・イベントして前年13年に開催されるコンフェデレーション杯の試合開催都市6都市のうち、4都市(ブラジリア、フォルタレーザ、リオ デジャネイロ、ベロ・オリゾンチ)が決定した。残り2都市には北東部のサウヴァドール、レシフェが有力候補にあがっているが、準備の進み具合をみて決めたいとヒカルド・テイシェイラCBF会長はコメント。

 

※マラカナン・スタジアムの完成イメージ

(ブラジル代表が決勝に進まないかぎり、カリオカはマラカナンでブラジル代表試合を拝むことができない)。

★政治

オルランド・シウヴァ・スポーツ大臣、収賄容疑で告発される

ブラジル共産党(連立与党 PCdoB)に所属するオルランド・シウヴァ・スポーツ大臣が収賄容疑で告発されたことで、連邦検事総長は連邦最高裁に調査委員会を設けるよう指示した。 オルランド・シウヴァ大臣は「何一つ立証するものはない」と身の潔白を訴えているが、政府はジルマ・ルセフ大統領のイメージが傷つくのを避けるべく警戒態 勢を敷いている。新年にジルマ新政権が発足してから、すでに5人の大臣が辞職済み(そのうち4人が汚職容疑)。スポーツ省は2014年W杯、2016年オ リンピックというビッグイベントを控え巨額の予算を采配するようになり、政権内で人気のポストとなっている。

 

★経済

中銀、政策金利を11,5%へ

中銀の通貨政策委員会は政策金利(Selic)を前回の8月につづき0,5%切り下げ、11,5%とした。インフレ指数は政府目標6,5%を上回っているものの、悪化する一方の国際経済に対応するためとみられる。ブラジルの実質金利では、いぜん世界最高を維持。

 

★社会

コマンド・ヴェルメーリョの幹部がパラグアイで逮捕

警察当局が血眼で追っていたリオの麻薬密売組織幹部のひとり、通称"ポレガール(親指)"ことアレシャンデル・メンデスが隣国パラグアイで逮捕された。リオ屈指の犯罪組織コマンド・ヴェルメーリョ(赤軍団)の大幹部ポレガールは、昨年11月に起こったリオ戦争の 際に軍隊の包囲網から脱出、その後マンゲイラの丘のボスとして仕切っていたが、今年になってUPP(治安維持部隊)が駐屯したため再脱出し、コマンド・ ヴェルメーリョの大麻供給地であるパラグアイの農園に潜伏していた。ポレガールが乗っていたTOYOTA HiLUXとKIa Cadenzaもあわせて押収。農園は赤軍団の首領で服役中のフェルナンヂーニョ・ベイラマールの所有地で、他の逃亡メンバーも潜伏しているとみられる。 ポレガールの兄で元コマンド・ヴェルメーリョ幹部、現在は足を洗い社会文化団体アフロヘギ(AfroReggae)で働くトゥシーニャは、「まじめだった弟は俺が服役してるうちに組織に入ってしまった。こんどは俺がやつを助けなければならない」とコメントしている。