WaSabi-News #60

Censo 2010 - ブラジル国勢調査2010年

ブラジル国勢調査 2010年

ブラジル地理統計院(IBGE)が、昨年ブラジル全国でおこなった国勢調査(Censo)の結果を順次発表している。ブラジルの国勢調査は2000年以来、10年ぶり。約20万人の調査員が5,565都市の6,750万世帯を訪問し、デジタル機器を利用し集計した。IBGEは連邦政府、計画省に帰属。

 

初報告で公表されたブラジルの人口は、

190,755,799人


ブラジルの人口(190,755,799人)

ブラジルの人口は、この10年間で12,3%の増加。また、初めて国勢調査が行われた1872年に比べると、約20倍に増加していることが分かった。

ブラジル 国勢調査 censo 2010
Fonte: IBGE

州都別の人口

1位:サンパウロ(11,253,503)

2位:リオデジャネイロ(6,320,446)

3位:サルヴァドール(2,675,656)

4位:ブラジリア(2,570,160)

5位:フォルタレーザ(2,452,185)

6位:ベロ・オリゾンチ(2,375,151)

 

人種

国勢調査がはじまって以来、初めて白人が少数派へ。白人と自己申告したひとは全体の47,73%で、2000年の53,74%から減少。

黒人(Pretos)、混血(Pardos)、黄色(Amarelos)、インディオ(Indigenas)の合計が、過半数を占める。

 

男女比

ブラジル人口全体の平均値で、100人の女性に対し、男性は96人。

もっとも女性が多い州はリオデジャネイロで、100人の女性に対し、男性は91,2人。

 

高齢化

65歳以上が占める割合は、1991年の4,8%→2000年の5,9%→2010年の7,4%と増加する一方で、25歳以下の占める割合は年々減少。

 

文盲率

2000年の13,64%から、9,6%(1,390万人)へわずかに減少。北東部、北部に占める割合が依然大きい。

 

下水道、上水道、電気の普及率

下水道は2000年の47,2%から、55,5%へ。

上水道は2000年の77,8%から、82,8%へ。

電気は2000年の94,5%から、98,7%へ。

 

所得格差

一人当たりの所得において、最低賃金で生活するブラジル人の割合は60,5%を占める。2000年の66,6%からわずかに減少。

北東部、北部に占める割合が依然大きい。

※最低賃金(サラリオ・ミニモ):2010年は510レアル、2011年3月から545レアル

 

ゲイ・カップル

初めて行われた同性愛に関する調査で、ブラジルには6万のゲイ・カップルがいることが判明。もっとも割合が高かったリオデジャネイロ州には、1万のゲイ・カップルが暮らしている。