WaSabi-News #52

14年W杯開幕戦はサンパウロで

ヴァーレ、歴代第2位の利益

オバマ米大統領はリオのUPPを視察予定

若者の殺人が多いブラジル

RMC(リオ・ミュージック・カンファレンス)

リオ・グアナバラ杯、ホナウヂーニョのゴールで勝利


★2014年W杯

開幕戦スタジアムはサンパウロにほぼ決定

ジルマ・ルセフ大統領は25日にサンパウロ州知事ジェラルド・アルキミン、サンパウロ市長ジウベルト・カサブ、スポーツ大臣オルランド・シウヴァ他と会談し、2014年W杯の開幕戦スタジアムはサンパウロとする方針で話し合った。スタジアムは既存のモルンビー・スタジアムではなく、イタケラ地区に新設される予定で、サンパウロの名門クラブ〈コリンチャンス〉のホームとなる。建設資金のファイナンスが整い次第、早ければ今年4月中に建設工事がスタートする。2014年W杯の決勝戦スタジアムは、リオのマラカナンが最有力視されている。

 

★経済

ヴァーレ、歴代第2位の利益

ブラジル最大の鉄鋼会社ヴァーレの利益が、上場企業の中で歴代2番目に大きかったことが発表された(歴代第1位はブラジル石油公社ペトロブラス)。24日のヴァーレの発表によれば、純利益は59億2000万ドル。前年同期は15億2000万ドル。第4・四半期決算は、利益が270%近く増加した。

 

★国際

オバマ米大統領はリオのUPPを視察予定

3月20日にリオデジャネイロを訪問予定のオバマ米大統領の予定が明らかになりつつある。オバマ米大統領は映画の舞台ともなったファヴェーラ〈シダーヂ・ヂ・デウス〉を希望しているが、リオ州政府は別のファヴェーラ訪問を実現したい構え。治安局関係者は、UPPが配置されているシダーヂ・ヂ・デウス、ドナ・マルタ、シャぺウ・マンゲイラ、プロビデンシアを訪問しシミュレーション中。またリオで一般向けの演説も行われる可能性がある。

★治安

若者の殺人が多いブラジル

ブラジル法務省が24日に発表した「2011年バイオレンス・マップ」によれば、ブラジルは世界で7番目に若者(15歳〜24歳)の殺人が多いことが分かった。若者の殺人件数は全体の63%を占め、10万人につき1998年に30件、2008年に52,9件。またこの10年間でブラジル全体の殺人件数は17,8%増えている。ブラジル国内では、アラゴアス州が、10万人につき60,3件でブラジル最大。また都市部では2,8%減少したのに比べ、農村地帯では約3%増加している。

 

★イベント

RMC(リオ・ミュージック・カンファレンス)

南半球最大のエレクトロ・ミュージック・イベント。2009年より開始されており、3回目の今年は2万人が参加の見込み。見本市、ワークショップのほか、国内外のアーティストが連日ライヴ・アクトを行う。

期間:3月2日~8日

会場:コパカバーナ海岸、イパネマ海岸、グロリア湾

http://www.riomusicconference.com.br/

リオデジャネイロ ミュージック カンファレンス

★サッカー

リオ・グアナバラ杯、ホナウヂーニョのゴールで勝利

リオ州大会(Cameponato Carioca)の前期戦となるグアナバラ杯の決勝戦が27日にエンジェニォン・スタジアムで開催され、リオの名門クラブ・フラメンゴ がボアビスタと対決。4万人以上のサポーターが応援するなか、後半28分に今年ACミランからフラメンゴへ移籍したホナウヂーニョ・ガウーショが美しいフリーキックを決め、フラメンゴを勝利へと導いた。

フラメンゴは今後開催されるリオ杯の勝者とリオ州王者をかけて争う。

★為替情報 (2月25日)
ドル: 1,66レアル
レアル:49,08円
Ibovespa (サンパウロ証券取引所平均株価指数):66.902ポイント